伝統的なデザイン|ブライダルインナーで綺麗に魅せるコツを大公開

ブライダルインナーで綺麗に魅せるコツを大公開

ハート

伝統的なデザイン

ハート

ミンサー柄の指輪

沖縄は結婚式を挙げる場所として多くの人から選ばれているが、伝統の「ミンサー柄」が入った結婚指輪も話題になっている。ミンサー柄とはおうとつのある四角が並んだデザインで、5はいつの、4は世の意味があり、つなげるといつの世も愛し合うという言葉になる。沖縄では結婚をすると昔からこの模様の帯や指輪が交わされていたという。少し前にテレビドラマでこの模様のお守りを渡して将来結婚を誓うシーンがあった。それから沖縄住民だけでなく、全国でもミンサー模様の結婚指輪が贈られるようになったと言われている。ミンサー柄は大胆に入れるとダイヤモンドや指輪の素材とのバランスが悪くなってしまうので、控えめに入れるのがコツである。

チタンの魅力

沖縄では「チタン素材」の結婚指輪も注目されている。チタンは、インプラントの治療にも使用されている安全性の高い素材である。プラチナのような光沢がありながら、重さはプラチナの半分以下で驚くほど軽い。その軽さはつけているのを忘れてしまうくらいである。変色しにくいのもこの素材の利点と言える。鮮やかなメタリックカラーを楽しめるのもチタンの良さである。さらに金属アレルギーの人が着用しても害がない。金属アレルギーがあるから結婚指輪ができないと悩んでいる人でも着用できる。価格が手頃なこともチタンの人気の理由につながっているという。見た目はプラチナそっくりなのに、20000円から30000円くらいで購入できる。